レビュー・口コミ 総合カタログギフト

高級感あふれる高島屋のカタログギフト「ローズセレクション ザ・ベストギフト」の口コミ。実際の写真も

高島屋カタログギフト

高島屋のオリジナルカタログギフト、「ローズセレクション ザ・ベストギフト」。高島屋のトレードマークでもあるバラが表紙のエレガントなカタログギフトです。

今回はこの「ローズセレクション ザ・ベストギフト」のWMコース(税込3,630円)を実際にお取り寄せ。梱包やカタログギフトの中身を検証しました。

正に日頃からお世話になっている方へはもちろん、普段さほど親しくない相手への贈り物としてもピッタリの格式高いカタログギフト。

商品セレクトにも工夫があり、見た目の上品さ、写真の美しさ、どれをとっても百貨店のプライドを感じる内容でした。

高島屋のカタログギフト「ローズセレクション ザ・ベストギフト」を検討されている方は是非参考にしてくださいね。

メモ

ローズセレクション ザ・ベストギフト

  • 【価格】3,630円(税込) 
  • 【システム手数料】880円(税込)※カタログギフトに掲載されている商品の価格は正味2500円分。
  • 【商品数】約310点掲載(雑貨:約240点、グルメ:約70点)
  • 【有効期限】4か月

カタログギフトが届いた!

まずは梱包の状態から。

よくある普通の段ボールに入って届きました。

この時点では「高島屋っぽさ」はありません。

中を開けてみます。

しっかり緩衝材が入っていました。

緩衝材の下には高島屋の紙袋と高島屋の定番の包装紙に包まれた品物が入っています。

直接手渡す場合のみ紙袋を無料で付けてくれます。相手に会って直接カタログギフトをお渡しする場合、紙袋は必須ですからね。

ちなみに直接相手にカタログギフトを配送してもらう場合は紙袋は付きません。梱包方法も異なります。

ポイント

  • 注文から8日目以降なら日付指定可
  • ヤマト運輸で配送
  • 手渡しの場合のみ紙袋を無料サービス

カタログギフトのラッピングは完璧

さて、カタログギフトを箱から出してみましょう。

高島屋定番のバラ柄の包装紙。

誰もが一目見て高島屋だ!とわかるラッピングは年上の方にも安心感を与えてくれそうです。

今回は内のしで内祝い用のし紙をかけてもらいました。

水引は5本、右上ののしの絵柄がありきたりな感じではなくて可愛いです。

のしをはがして箱を開けると、カタログギフトの他、申込用ハガキなどが全く乱れずきれいに箱の中に納まっていました。

箱を開けた瞬間からきれいに整っているのでもらう側も気持ちが良いでしょう。

今回はオリジナルメッセージカードもつけてもらいました。

WEB上で自由な文章を入力して作れるのですがこれは失敗…。

プレビューをしっかり確認せず注文してしまったがためにこんな結果になってしまいました。

文章が、切れてます!

実際にオリジナルメッセージを作るページでは仕上がりを確認できるので、これを読んでいる皆さんは必ず確認をしてくださいね。

ポイント

  • 包装紙は高島屋オリジナルのバラ柄
  • のしはオリジナルデザインで可愛らしい感じ
  • オリジナルメッセージカードも無料で付けられる

ゴールドの輝きが豪華なデザイン

さて、カタログギフト本体を見ていきましょう。

ゴールドのバラが上品で豪華です。高級感があるともらう側としてはテンションあがりますね。

シンプルなデザインなので男性にも違和感なく受け入れられそうです。

紙質も厚めでページをめくりやすいです。そのかわり、見た目以上にずっしりしています。

写真は大きくてシンプル。

また、商品説明が充実しています。商品やブランドの特徴がわかりやすく選ぶのに役立ちます。

写真はすごくきれい。掲載されている商品は2500円ほどなはずですが、なんだかどれももっと高そうに見えてしまいます。

これが高島屋マジックでしょうか。

見ていて想像が膨らむカタログギフトです。

ポイント

  • デザインや質感も高級感バッチリ
  • 写真は大きくて見やすい
  • 全体的に落ち着いたトーンでまとまっている

カタログギフトの内容

掲載されている商品は雑貨からグルメまで比較的定番アイテムが中心です。その一部をご紹介。

掲載カテゴリ

  • おすすめコレクション
  • キッチン&ダイニング
  • ファッションアイテム
  • リビング・ビューティー
  • ライフスタイル+
  • 日本の味・世界のグルメ
  • 社会貢献ギフト

キッチン&ダイニング

キッチン&ダイニングのカテゴリでは実用的なキッチンツールからブランド食器、便利グッズなどを掲載。

実際に使う時のイメージが沸きやすい写真があると商品自体も魅力的に見えます。

似たような商品がたくさんあるのではなく、どの商品もしっかり特徴があるので選びやすそうです。

リビング&ビューティー

リビング&ビューティーのカテゴリではリビング雑貨はもちろん、あると嬉しい消耗品も掲載。

使い慣れた洗剤はもちろん普段は買わないちょっといい洗剤や石けんも選べるのが嬉しいポイントです。

ただしキッズ・ベビーアイテムの掲載ページは見開きで2ページ分のみと少なめの印象。

キッズ・ベビーアイテムが充実していたらもっと良いと思いました。

日本の味&世界のグルメ

価格帯的にフレッシュミートや海鮮系はありませんが、金谷ホテルのベーカリーやフォションのジャムなど高島屋ならではのセレクトに満足できる内容です。

ハムや餃子、明太子など加工品もあります。

カレーは北海道の名店・五島軒のカレー、ANAの機内で提供されるビーフコンソメスープを使ったカレー、新宿中村屋のカレーなど是非食べてみたいラインナップ。

カタログギフトではグルメアイテムを申込む方も多いので、グルメの品ぞろえはとても重要です。

ポイント

  • 一流の商品が揃っている
  • 実用的な商品も選べる
  • キッズ・ベビーアイテムは少なめ
  • グルメはスイーツや加工品が充実

申込んだ商品はコレ!

今回はキッチン雑貨のカットできちゃうバターケースを申込みました。通常はかたまりで売られているバターを約5㎜の薄切りにカットして保存できるという便利グッズです。

初めから切れてるバターは便利ですがその分お値段お高めなので、こういうのがあると経済的にバターを使うことができます。

申込んでからちょうど1週間で受け取り。思ったより早くて驚きました。

しかも梱包が素敵。

通常、カタログギフトで申込んだ商品は簡易包装なのですが、高島屋ではトレードマークのバラ模様でしっかりラッピング。

箱を開けた瞬間バラの包み紙を見ると幸せになりますね。

ラッピングを外すとホームセンターに売ってそうなカジュアルなパッケージがお出迎え。

カタログギフトではオシャレなキッチンアイテムであるかように掲載されていましたので、ここはちょっと戸惑いました。

でも品物自体のデザインはシンプルなのでこれから長く使えそうです。

カタログギフトの商品の申込方法について

さて、商品の申込方法ですが2通りあります。

  • 申込用ハガキでの申込み
  • インターネットサイトからの申込み

高島屋のカタログギフトはインターネットからの申込みができる点がとても便利です。

インターネットだと24時間好きなタイミングで申込みができます。しかも申込んだら確認メールが届きます。

はがきだとちゃんと届いているのか、いつ届いたのかわからないので心配にもなりますので、実際に申し込むときはやはりインターネットからの方がおすすめです。

高島屋のカタログギフトのデメリット

高級感もあり、商品セレクトもセンスのよい高島屋のカタログギフト、ローズセレクション・ザベストギフト。

受け取った相手が喜ぶポイントはもちろん重要ですが、デメリットも知りたいですよね。そこで気になった部分をまとめてみました。

  • お届け日の指定が注文日の8日以降にしかできない。

カタログギフトの注文から発送までに時間がかかるので、すぐに相手に届けたい!という時には高島屋のカタログギフトは贈れません。

急ぎのときに利用できない点がマイナスです。

  • 有効期限が4か月と短め

一般的なカタログギフトの有効期限は6か月が多いですが、高島屋のカタログギフトは4か月。

後で商品を選ぼうと申込みを先延ばしにしていたらいつの間にか有効期限が切れていた、ということにもなりかねません。

ただ有効期限は申込ハガキにはっきりと書いてあるのでちゃんと見てもらえれば相手の方も期限内に申込んでいただけると思います。

まとめ

以上、高島屋のカタログギフト「ローズセレクション・ザベストギフト」の口コミ・レビューでした。

高島屋ブランドのカタログギフトですから圧倒的な安心感があります。嫌われたくない相手には間違いのないアイテム。

特に目上の方や年上の方におすすめ。

お祝いや内祝いにはもちろん、ちょっとしたお礼やお中元、お歳暮にも使いやすいカタログギフトです。

高島屋のカタログギフトをもっと詳しく知りたいな、という方はこちらをクリックしてくださいね。

(高島屋のサイトへリンクします)

高島屋のカタログギフトをもっと見る

  • この記事を書いた人

ことり(個人事業主・ライター)

カタログギフトコンシェルジュ。300冊以上のカタログギフトを独自にリサーチしています。仕事で取引先・顧客への手土産や贈り物をすべて自分で手配してきた経験から、物を見る目には自信あり。本当に喜んでもらえるカタログギフトをご紹介します。

-レビュー・口コミ, 総合カタログギフト